テクノロジー・イノベーション

シミュレーションの世界: VR で未来を創造する

Deb Miller Landau iQ Managing Editor

自動車、建築、小売業界のイノベーターが、バーチャル・リアリティー・テクノロジーを活用したビジネス手法の変革について語ります。

バーチャル・リアリティー (VR) の大きな利点の 1 つは、何でもできることです。

このことは、さまざまな業界の起業家にとって、利用しやすい個人向けの製品やサービスを提供する新たなビジネスチャンスを意味します。

インテルで新製品イノベーションのビジネス開発マネージャーを務めるマイク・プレミーは、「通常なら多額の費用がかかるようなことも、VR では圧倒的な没入感でインタラクティブに体験できるため、既存の多くの市場を破壊する力を持っています。このテクノロジーの商業的用途は無限に広がっています」と語ります。

コンピューティング / ビジュアライゼーション・テクノロジーの進化により、VR 開発者は創造性、関連性、効率性、安全性を高めて革新的なシミュレーションを作成できると同時に、コスト削減と新たな収益創出の機会がもたらされます。 ゴールドマン・サックスは、2025 年までに VR / AR 市場が 1,280 億ドル規模に拡大すると予測しています。

現在 VR に携わっている多くの人々にとって、このテクノロジーは無限の可能性への一歩を踏み出したばかりです。

マネキンはもう要らない?!

「小売業界では、この 30 年間変わっていないことがたくさんあります」と語るのは、Pixel Pool 社の代表取締役 ジョン・ハンセン氏。同社は、小売ブランドが VR を使用して店舗のデザインやプランニングを行えるよう支援するデジタル・インタラクティブ企業です。

VR Motion 社
VR を使用して実際の運転体験をシミュレートする VR Motion 社。

「小売店では依然として、模擬店舗の設置、あらゆる色やスタイルのサンプル製品の作成と出荷、デザインとデザイン変更、マネキンの準備、シナリオの写真撮影に貴重なリソースを費やしています。

このすべてを VR で作成できるようになります。 例えば、ストアプランナーには、店舗のパーツをすべて 3D データで渡しています。 プランナーは店舗を構築し、店舗の中を歩き、想定されているとおりに店内のあらゆるものを見ることができます」とハンセン氏。

小売店は、Pixel Pool 社のソフトウェアを使用して、衣類から棚、照明設備、壁の塗料に至るまで、店内のすべてのアイテムをドラッグ・アンド・ドロップできます。 また、さまざまな方法で店舗の実物大模型を作成でき、不具合があれば、完璧な構成になるまで変更するだけです。 また、「仮想ショールーム」を 3D で作成して、季節限定商品を販売することもできます。

「VR の素晴らしいところは無限であることです。 まだ存在していないものに合わせてデザインすることもできますし、 物の外観だけでなく、特定の構成がどの程度の収益をもたらすかといった予測に基づいて、意思決定を行うことができます」と語るハンセン氏は、小売業界におけるデジタル・ディスラプション (創造的破壊) により、ブランドは創造力を高めざるを得なくなっていると指摘します。

Pixel Pool 社のジョン・ハンセン氏
小売店が VR を使用して店舗のレイアウトを簡単にデザインできるよう支援する Pixel Pool 社のジョン・ハンセン氏。

「テクノロジーを導入してイノベーションを起こすか、数十億ドル規模の企業が廃業の道を選ぶかのどちらかです。 世界最大規模の企業を見てみると、どの企業も VR に多額の投資を行っています。

結局、テクノロジーが命運を分けるのです」と語るハンセン氏のオフィスでは、インテル® Xeon® プロセッサーを搭載したハイエンド・ワークステーションと 30 台以上のサーバーが稼動しています。 「私たちも、優れた処理能力が提供されているおかげで、そのパワーを活用してこうやって開発することができるのです」(ハンセン氏)。

VR で実現する新たな運転方法

キース・マハル氏にとって、VR での開発はテクノロジーとレースカーの運転という 2 つの情熱の融合を意味していました。 VR Motion 社の共同設立者であり、同社の CEO を務めるマハル氏は、ドミニク・ドブソンが世界で最も過酷なレースの 1 つで勝てるように、プロ向けのレースカー・シミュレーターを開発。

「これはドライバー向けのジムのようなものです。 スポーツ心理学では、理想の状態をイメージすれば、成績が上がるとよく言われています」と語るドブソンは、インディアナポリス 500 に 7 回出場しており、インディカーではちょっとした伝説的人物です。彼は、世界で最も険しいコースの 1 つであるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの制覇を切望していました。 しかし、このレースは公道で行われるため、予行演習を行うことはできません。

マハル氏は、ドブソンが実際に運転する車に基づき、車の物理的な重量配分、丘を登るときの静止摩擦の変化、燃料の消耗などのデータを組み込み、PC 上でこのコースのシミュレーションを作成。

すると、2015 年、ドブソンはこれまで一度も完走したことがなかったパイクスピークで、50 代にして 勝利を収めたのです

マハル氏の仕事を見たインテルのマイク・プレミーは、「小売体験と安全運転訓練の領域に非常に大きな可能性を感じた」として、さらに大規模なコンシューマー市場に彼の技術を投入するよう勧めました。

キース・マハル氏
キース・マハル氏が設計した VR のレースコースは、ドライバー向けのトレーニング・ジムのようなもの。

VR Motion 社は、VR ゲームのデザインで使用される開発プラットフォーム Unreal を使用し、自動車の見込み客が内装、カラー、ホイールオプションを選択できる仮想ショールームを作りました。 コンシューマーは、ショールームから一歩も出ることなく、VR ヘッドセットを装着し、シートベルトを締めるだけで、関心のあるモデルに「試乗する」こともできます。

「ディーラーの大きな悩みは、多くの在庫を抱えていることです。 今後、小売店の専有面積が縮小されていき、ディーラーは広い敷地に多くの在庫を保有するのではなく、人がいる場所にディーラーが出向くようになるでしょう」とプレミー。

VR Motion 社では、次のステップとして、安全運転教育用のシミュレーションを作成しています。初めて車を運転するティーンエイジャーから、過酷な状況で運転を強いられる警察官、救急隊員、消防士まで、誰もが安全な VR 環境で現実に即した運転を体験できます。

マハル氏は語ります。「私には娘がいて、彼女に車のキーを渡す日が来ることは分かっています。そのときに、娘が十分に準備できていることを確認できるようにしておきたいのです」

VR 体験でアイデアを評価

建築家や建築業者は、アイデアを評価する際にホワイトボードを活用していています。WILD 社の CEO を務めるゲイブ・パエス氏によると、こうした日々を VR 体験に置き換えることができると言います。 パエス氏は、オレゴン州ポートランドでの VR への最初の取り組みとして、 Massit という建築家向けの設計ツールの開発を進めています。

「Massit を使用すると、建築家はアイデアをリアルタイムに形にすることができるので、外観だけでなく、その空間でどう感じるかに基づいてアイデアを評価できます」とパエス氏は説明します。

従来から、建築家はスケッチ、青写真、あるいは 2D レンダリングを使用してアイデアを共有しています。 Massit では設計者は建物を作成した後に、1 階に降りて実物大の建物を体験できます。

「VR は体験型プラットフォームであるため、ウェブやモバイル向けの制作とは全く異なる方法で VR 向けの制作について考えなければなりません」とパエス氏。 表示されるデジタルコンテンツを制作するだけではなく、そのコンテンツがどのように体験されるのかを理解する必要があるのです。

ゲイブ・パエス氏
VR を使用して建築家が建設前に建物を体験できるようにしているゲイブ・パエス氏。

「本だけでなく、現実の世界からもインスピレーションを得る必要があります。 山に行ったら、森を散歩しているときはどんな感じなのかを探ってみなければなりません。

アイデアを第三者にいかに効果的に伝えるか。これは、すべての建築家が直面するプロとしてのジレンマです。これを解消してくれるのが Massit であり、パエス氏は、 「テクノロジーの進化により、ついにこれらの体験をシームレスに実現できるようになりました。私たちが現在使用しているハードウェアが実現できることには驚くべきものがあります。GPU、CPU、そのテクノロジーのすべてが、VR で要求される彩度を処理できるまで成熟する必要があったのです。いま、VR は全盛期を迎えようとしています」と語ります。

Pixel Pool 社のハンセン氏によれば、どの業界で働く人々にとっても、VR には無関心ではいられなくなっています。 すでにその活用は始まっているのです。

「人間は視覚的動物として生まれついています。 知覚情報に使用される脳の神経細胞は、その 75% が視覚専用です。私たちは物事を視覚的に体験したときに、何よりも深くそれを理解できるのです。 VR は、私がこれまで見てきたどんなものよりも優れていると思います」(ハンセン氏)。

 

 

この記事をシェア

関連トピック

テクノロジー・イノベーション ライフスタイル

次の記事

Read Full Story