エンターテインメント

未来のエンターテインメントがここにある――「TOKYO GAME SHOW 2016」に見る、ゲームの新ディメンション

Intel Japan Writer

2016 年 9 月 15 日から 18 日にかけて千葉県・美浜区の幕張メッセにて開催された「TOKYO GAME SHOW 2016」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)はコンピューターゲームをはじめとしたコンピューター・エンターテインメントに関する日本最大規模の総合展示会です。本稿では開催初日となるビジネスデイ 1 日目の様子をレポートしていきます。

VR 元年、ゲームの概念が覆される!

02

20 周年を迎える今開催は、「エンターテインメントが変わる。未来が変わる。」というテーマのもと、過去最大となる出展・参加企業と 4 日間で延べ 27 万人が来場し、エンターテインメントの未来を感じさせる革新的なゲーム作品や技術の数々を体験することができました。

本年の TOKYO GAME SHOWでは昨年から引き続き、iOS・Android などのスマートフォン向けのゲーム作品に関連するブースが 3 割超と主流ながら、PC ゲームのブースが昨年の 1.5 倍近くの数に上るなど、ライトゲーム一辺倒だったこれまでとは少し変わってきた模様。VR をはじめ、表現のリッチかつリアルさを求め、各社ブースでの音響や映像表現もリッチ化し、来場者の驚きや「ワクワク」を創出する。そうした様子を目の当たりにすることができました。中でも、開催前から話題が集中していた、発売間近の「PlayStation* VR」を擁する株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントや、ファイナルファンタジーシリーズを手掛ける株式会社スクウェア・エニックスのブースには多くの来場者が訪れ、試しプレイに興じていました。

また、数多い VR 展示の中には、イケメンが椅子に座った女子を「椅子ドン(壁ドンみたいなもの)」してくれるブースや、かわいいキャラクターと混浴できるブースといった“萌えとの融合コンテンツ”も。革新的なテクノロジーを生真面目に紹介するだけでなく、コンテンツと結びつけるところは日本ならでは。多くの女性が目を輝かせていたことは言うまでもありません。

未来のテクノロジーで、世界は大きく変わっていく。

03

大手ゲーム会社が個性的な展示で来場者を引き付ける一方、派手な装飾はないものの、堅実な展示で注目を集めていたのが「エンターテインメントの未来」という特設コーナー。東京大学や慶應義塾大学といった大学の研究室による最先端技術を紹介するブースです。こちらのコーナーでは、触感をゲームに用いるという技術を中核に、各ブースごとの研究テーマを披露。「シナスタジアスーツ」の体験コーナーをはじめ、見たものを見たままに触れる VR ディスプレイ、触覚をデータ化して転送するような技術まで、ゲームだけにとどまらず日常の世界で IoT のような形で組み込まれてゆくだろう、さまざまな先端技術に触れることができました。

あるブースにて実際に体験することのできたアトラクションでは、ゲーム内のモンスターが吐く炎を跳ね返すと、手に振動を感じるといった、自分がゲームの世界の中に取り込まれてしまったのではと錯覚してしまうほどのインパクト。VR でも言われている「没入感」に、人間の肉体に作用する触覚を融合することにより、まるで『ドラゴンボール』のバトルを自分が演じているかのような感覚を抱いたことは驚きの体験となりました。

こうした技術が実際に発売されるゲームに採用されるのは、まだ少し先かもしれませんが、「こんなこともできるのか!」と多くの人々が目を輝かせながら展示の数々を体験していた姿が印象的でした。これらブースの盛況ぶりを見るに、ゲームはコントローラーでやるものという常識は少し先の未来にはきっと変わっていくのだろう、と思わざるをえませんでした。

最新・ハイエンドのクオリティが体験できる PC ゲーム

04

「INTEL INSIDE® バトルの新たなる境地」と題したインテルの展示ブースでは、「ファイナルファンタジーXIV」、「フィギュアヘッズ」、「OVERWATCH*」といったビッグタイトルとのコラボレーションによって、最新の PC によるリッチなゲーム体験を提供。4K 液晶ディスプレイを三つ同時に使用してゲームを体験できるコーナーなども設けられ、来場者たちは「コンシューマー機では味わえないスゴさ」、「すごすぎて笑えた」と、その違いに驚きを感じていたようです。

同ブースの責任者を務めるインテル株式会社マーケティング本部の小澤俊行氏は「最高のクオリティと最先端の技術を楽しめるのが PC ゲーム。「VR」などの最新技術もここから広まり、進化していくことでしょう。現在でもクオリティにこだわりを持つユーザーに愛されている PC ゲームですが、今後はさらに多くの人に広がっていくはず。その魅力を十二分に感じていただけたと思っています」と語ってくれました。

05

また、同社広報責任者の荒木義満氏は「近年、海外で『e-sports』が盛んになっているように、PC ゲームは今後さらなる発展を遂げていくことになるでしょう。プロのゲーマーが使っているような最先端のスペックで、贅沢にゲームを楽しむ。そんな未来が当たり前になっていくかもしれません。今回の展示が、ゲームひいては PC の利用拡大につながってくれれば、これほど嬉しいことはありません」と感想を語っています。

PC ゲームはマニアのためのもの。オンラインゲームを今から始めるのは敷居が高い・・・・・・。インテルの展示は、そのようなイメージを吹き飛ばすものでした。ブース内の「ファイナルファンタジーXIV」コーナーでは、実際に作成したキャラクターを持ち帰れるという“お土産”も用意されており、来場者からは喜びの声が上がっていました。これをきっかけに、多くのユーザーが新たなゲームの世界へと踏み入れることになるかもしれません。

今回の TOKYO GAME SHOW でも昨年に引き続き、多くの海外メディアの記者が来場し、会場の様子をライブ中継しており、さまざまな展示に関して驚きと興奮を隠せない様子でした。その熱のこもった中継の様子が今回の開催の盛況ぶりを象徴していたのではないでしょうか。

今回、さまざまなブースにて紹介されていた先端の技術やコンテンツは、エンターテインメント全般におけるポテンシャルを十分に感じることができ、ゲームを通じてユーザーに提供する体験をより一層豊かに変えてくれることを確信できるものでした。技術の革新がVRという技術を現実化したように、今後もさまざまなコンピューター周辺の技術が進化してコンピューター・エンターテインメントと結びつくことで新しい境地が切り開かれていく。TOKYO GAME SHOWにおける展示から、確かにその息吹を感じることができました。

 

 

この記事をシェア

関連トピック

エンターテインメント

次の記事